取組好事例

株式会社田名部組
業種:建設業 2018.02.19 月
101~300名 / 三八 /
現場での工程見直しを行ったり、現場での空き時間や冬の夕方の工事が出来ない時間などを時間単位で休暇が取れる制度を制定。現場以外でも病院に行くなど、個々の予定に合わせてうまく有休取得が出来るようになりました。
NoImage
弘前ガス株式会社
業種:電気・ガス・熱供給・水道業 2018.02.07 水
中南 / 11~50名 /
従来の本人の希望による有給休暇取得に加え、部署毎に交代で有給休暇を取得できるような取得計画を立て、職員全員が一定数平等に有給休暇を取得できる仕組みを構築しています。
株式会社山匠電気工業
業種:建設業 2018.02.07 水
11~50名 / 三八 /
社員の就業時間は8時~17時ですが、育児休業復帰後はパート勤務することによって、出退社時間の変更をしたり、仕事のフォロー体制を作り、子供の病気などで急遽休むことになっても問題なく業務を遂行できるようにしました。年次有給休暇を用いることで、休むことが悪いという印象から脱却できるように意識改革も行い、互いの仕事に関心をもつことやコミュニケーションをとることの重要性を再確認することができました。
株式会社 澤田建設
業種:建設業 2018.02.01 木
東青 / 11~50名 /
毎年有給休暇奨励日を設け、有給休暇の促進を図っています。
又、時間単位の有給も設けることにより個々の事由に合わせた有給休暇を有効活用できるようにしました。
特定非営利活動法人障害者地域生活支援センターぴあ
業種:医療,福祉 2018.01.24 水
11~50名 / 上北 /
 休暇等に関する制度や取組みについて、制度の周知や個別相談に応じることができる体制を整えたことです。
 これらの取組により、制度利用に対する職員の理解を深めることができました。
 休業を取得したいが復職後の仕事と家庭生活の両立へ不安があるといった声もあったので、職場復帰後の働き方をイメージできるよう、一人ひとりの状況をヒアリングしたうえで各種制度を紹介する相談体制を作り、休業前後のフォロ―体制を整えました。
株式会社黄金工務店
業種:建設業 2018.01.11 木
東青 / 11~50名 /
技術職の長時間労働是正と健康管理に力を入れ、年次有給休暇や特別休暇を取得しやすい環境づくりを目指し、子育て中の看護休暇や介護休暇等を利用しながら、就業できるように取り組んでいます。
青森レコードマネジメントサービス株式会社
業種:情報通信業 2017.12.20 水
101~300名 / 上北 /
○コミュニケーション活動
 経営層や責任者との意見交換やディスカッションを通じて、仕事への取組み意識の高揚や職場での悩み事・相談を共有することで、より良い職場作りを目指すことを目的とした活動を行っています。
 ・「ARMSカフェミーティング」の開催
 ・メンター、メンティー制度の導入

○有給休暇年5日取得義務化への対応
 2019年4月から義務付けられることとなった「年5日の年次有給休暇の確実な取得」に対して、全社で社員の有給取得状況(取得日数の全体割合、取得率)を共有し、各プロジェクトの業務状況を見ながら責任者から社員へ取得を促すなど、取得しやすい雰囲気づくりをはじめ、積極的に取得推進を図っています。
株式会社リブライズ
業種:医療,福祉 2017.12.20 水
51~100名 / 三八 /
①無料社員食堂の設置
施設の厨房を利用して社員食堂を設置しました。スタッフには月8枚の無料チケットを配布しています。ルールは先に座っているスタッフの隣に座ることです。こういった優しい強制力を持って人間関係を地道に作ります。
②スタッフ名鑑の作成
プロ野球選手名鑑のごとくスタッフ名鑑を毎年作成しています。それにより、普段関わりのないスタッフの顔と名前を把握し、「あの人誰問題」をなくします。
③社内SNSの活用
社内SNS(フェイスブックみたいなイメージ)により、他部署で行っている取組を理解します。

○福祉の仕事が持つ自己犠牲や奉仕のニュアンスを払しょくするため年2回の「リフレッシュ休暇の実施」
管理職はもちろんスタッフ全員年2回7~10連休を取得する体制をとりました。