取組好事例

NoImage
株式会社 野呂建設
業種:建設業 2017.11.15 水
11~50名 /
時間単位の有給休暇を取得可能にしました。
株式会社青森銀行
業種:金融業,保険業 2017.11.15 水
301名以上 /
1.定時前退行「Five Up Action!」の実施
 一週間に1日程度を「Five Up Day!」として設定し、所定終業時刻(17時45分)前である午後5時までに業務を終え、退行することを推奨しています。

2.ノー残業ウィークの実施
 8月と2月に各1週間のノー残業ウィークを設定し、全店一斉での定時退行に取り組んでいます。

3.「スライド勤務制度」(勤務時間選択型勤務)の推奨
 通常勤務(8時45分~17時45分)の他に、5区分の勤務時間を選択可能とする制度を設け、職員の事情に応じた多様な働き方を推進しています。

4.「朝型勤務」の推奨
 ワーク・ライフ・バランスの推進に向け、夏季期間において朝7時からの勤務を推奨しています。

5.「年次有給休暇」の取得推進
 制度休暇の活用促進により「年間10日以上」の年次有給休暇取得を推奨しています。
株式会社 ページワン
業種:情報通信業 2017.11.15 水
東青 / 10名以下 /
・「年次有給休暇取得推進日」を夏季休暇・年末年始休暇・GWの前後に設け、長期休暇を取得しやすい環境へ。
・休暇届を電子にすることで事務手続きが簡略化。申請しやすい環境へ。
・半日単位年次休暇、時間単位年次休暇を導入し、より休暇を取得しやすい環境へ。
社会福祉法人青森県すこやか福祉事業団
業種:医療,福祉 2017.11.15 水
301名以上 /
 外部のキャリアコンサルタントによる面談を通して、就業してから自分がこの先どのようなキャリア形成をするのかアドバイスを行うとともに、現在の就業に関する悩みなどのうち、職場の上司や同僚には相談しにくい内容に関して相談を受けることで、職員の不安軽減に努めています。
 相談内容については、守秘義務により個人が特定されたり聞き取り内容が事業主に直接伝わることがないよう配慮しているが、緊急性があるものや業務改善が必要と判断されるものについては、個人が特定されないように十分配慮の上で、本人の同意がある場合に限り事業主に報告され、問題の改善につなげ働きやすい職場環境作りにつなげています。
張山電氣株式会社
業種:建設業 2017.11.15 水
11~50名 /
男性職員の占める割合が多いわが社は、育児や介護について休暇制度認識から取り組んでおります。
ワークライフバランスを見直しできる事、上司からの有給休暇取得推進の声掛け等休暇取得のしやすい職場環境の醸成に努めております。
新入社員には、職場見学やインターンシップを通じて、仕事に対する理解を深めていただく機会となっております。
NoImage
株式会社 小山田建設
業種:建設業 2017.11.15 水
11~50名 /
繁忙時期等、しなくてはならない時期を除き、残業抑制策として不要な残業をしないようにするために、
社長自ら率先して帰宅したり声掛けの実施をすることで他の従業員も帰宅しやすい環境となった。
当社ではこの取り組みによって早い時間での帰宅が可能となったことで、
仕事と家庭の両立がしやすくなった。
穂積建設工業株式会社
業種:建設業 2017.11.15 水
51~100名 / 三八 /
・育児休業中に連絡を取り、復帰後子どもの病気等で急でも休みを取れる体制づくり
・男性の育児休業の取得促進
株式会社スズキ自販青森
業種:卸売業,小売業 2017.11.15 水
東青 / 職場定着 / 継続就業率 / 長時間労働是正 / 配偶者出産直後の休暇取得 / 101~300名 / その他WLB /
新入社員定着策として、研修期間中に2年目社員を講師として仕事の心構えやマナー等の基本的事項について伝えることで、先輩社員とのつながりを強くすることを行いました。また、こまめな面談を常に行い、早期問題解決に努めています。育児休暇中の社員に対しては、休暇中に元の職場で面談することで居場所がある安心感を与えることを行いました。
10 / 11« 先頭...4567891011