取組好事例の紹介

社会福祉法人青森県すこやか福祉事業団

01企業情報

すこやか1
所在地 青森市中央三丁目20-30
業種 医療,福祉
常用労働者数 301名以上

02働き方改革の取組内容

「セルフ・キャリアドック」の導入

 外部のキャリアコンサルタントと契約し、毎年度100人近い職員がキャリア面談を行っています。この面談では、就業した後のキャリア形成をアドバイスする他、昇格者や復職者を対象に面談を実施し、職員の不安軽減を図っています。また、外部の第三者ということで、職場の上司や同僚に相談しにくい内容の相談も受け付けており、職場の課題解決を図っています。相談内容については、守秘義務により個人が特定されたり、聞き取り内容が直接事業主に伝わることはありません。しかし、緊急性を要する場合は、業務の改善が必要と判断されるものについては、個人が特定されないよう配慮の上で、本人の同意がある場合に限り事業主に報告され、問題解決を図ります。このように、職員の不安軽減を図りながら、様々な課題を解決していくことで、働きやすい環境づくりや人材の定着に繋げています。

03取組の成果

○子の看護休暇取得者の増加
 子の看護休暇は、令和3年度は男性職員6名、女性職員21名取得、令和4年度は男性職員8名、女性職員29名取得しています。雇用種別では、令和3年度は正規職員が18名、非正規職員は9名、令和4年度は正規職員が26名、非正規職員は11名取得しています。制度に関するチラシを作成し、全職員に周知することで、性別や雇用種別に関係なく、ワーク・ライフバランスの考え方が広がっています。

○男性職員の育児休業取得者の発生
 令和4年度10月からの「出生時育児休業(産後パパ育休)」制度開始以降、取得者が2名います。